読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某スマホゲームについていろいろと考えてみる

パズドラ始めてから1,700日が経過してしまいました。ゲーム苦手の飽き性なのに皆勤。なんでこんなに続いてるのか自分でも不思議。ここにいろいろ思うことを散文的に書いていくことで、なんでこんなに嵌ってしまったのかを考えてみたい…などと。

パーティ変遷を振り返ってみる(初期段階)

 

最近はどこに行くにももっぱら赤ソニア中心で廻してたりする。

もちろんのことだが約2年前の私がパズドラを始めた頃には赤ソニア自体実装されていなかったわけで。

 

あの頃どんなパーティで楽しんでたんだろ、と振り返ってみる。

 

モンスターボックスを入手順で見てみると、一番左上にデプスプレシオスがいる。こいつは最初にもらえる御三家だね。未だにスキルレベルもレベルも中途半端。実際、こいつをリーダーにしてガンガン廻ってた覚えがほとんどない。

そこから右に究極エンシェントドラゴンナイト(ADK)、究極ギガンテス、究極エキドナと続く。

ADKはもう少し後になってからリーダーにする機会は出てきたが、入手当初はほぼ使用せず。何故ならドラゴンタイプの攻撃2.5倍のリーダースキルを持たせるためには神秘の仮面が必要だったから…(これ、大塚角満氏も同じ状況になってたね。「大塚角満の熱血パズドラ部」参照)。

ギガンテスも「ふんばる」が必要なとき以外は使用してないし、エキドナをリーダーにしたのは猛炎廻りだした最近になってから。

うーん、初期に使ってたリーダーが出てこない。

さらに右、そして下に目を移す。フォートトイトプス(未究極)、ヴリトラ(一応究極)、魔王ヴァンパイアデューク…! え、使えるリーダー的なのの最初ってヴァンパイアロードだったっけ?

確かにロードをリーダーにしてた時期はあった。けど、それよりも前にリーダーにしてたモンスターがいたように思う。

 

ちょっと不確かなのでiPhoneに残ってるパズドラのSSを確認してみた。

 

f:id:ya-mamo:20140617164225p:plain

 このSSは9/25のものだからパズドラ始めて約2ヶ月といったところ。火曜ダンジョンの超級をギガンテスリーダーのゾンビパで行ってるとこだね。もうフレンドのオオカミありきの攻略で恥ずかしいのだけれども…。

 

話逸れるけど、このときのフレンドさん、一番古くからのフレンドさんの一人なんだが、現在ランク202、Lv77オオカミのまま…。そう、最終プレイから259日が経過してしまっているんだが、どうにも削除できない。この頃いっぱい助けてもらってたからなぁ…。

 

で、このSS見て思い出した。この頃主にリーダーとして使ってたモンスター、今はもうボックスにいないけれども…カオスデビルドラゴン!! 闇属性の攻撃半減のリーダースキル、闇属性のブレス攻撃のその人! 人?

それとその横のカオスドラゴンナイト。彼はまだボックスにはいるんだけどね。ロードよりもはるかに使ってた覚えがある。

この2体のどちらかをリーダーにしつつ、フレンドはアマテラスオオカミ、セイレーン等の自動回復系というパーティで結構頑張ってたように思う。

…ってのは、会社で私が一番最初ぐらいに始め、かつみんなに勧めて廻ったもんだから、ちょっとでもみんなのお役に立とうと、初期段階で有用なブレススキルを持つリーダーにしてたのだな。

それと、当時はまだ攻撃的布陣が組めるわけでなく、防御しつつ回復して少しづつ敵HPを削る…みたいなのが当たり前だったのだな。これは私の手持ちに限った話ではなく、恐らくはパズドラ全体としても初心者の主流だったんだろうと思う。初期の神様に防御系のリーダースキルを持つものが多い、ギガグラ、猛毒、ブレスのスキルがもてはやされていた…ってのが根拠なんだけれども、違うかな?

 

ボックスとSSから変遷を見るに、10/20に私はついに使える神様「アマテラス」を引くのだな。(ヴリトラ「…」)

ここからしばらくはもうアマテラスオオカミがほぼリーダー固定だった。だって、それまでは自分のボックスからダンジョンに適した半減系を選んでリーダーにし、フレンドから自動回復系を選択するというのが常だったわけで、回復力の高いオオカミをリーダーにすることで、ダンジョンに適した半減系をフレンドから選ぶことが可能になったのだもの。もう選びたい放題! みたいな感覚だったな。

確かそれぐらいの時期に緑オーディンも実装され、オオカミの有用性は極めて高いものだったのだな。

 

当時の攻撃的布陣と言えば、ロード×ロードの闇4倍パ、ヴァル×ヴァルの回復6.25倍パ、ADK×ADKのドラゴン6.25倍パぐらいか…。

どこでも書かれていることだけど、ロード×ロードはパーティの育成が一番やりやすかったこともあって(当時はメタルのゲリラの頻度が高かったように思う。ゴルドラなんてイベントのときぐらいしかなかったような…)、またフレンドもロードリーダーの人がそこそこいて、割と使いやすかった。けど、ノーマルダンジョンで言えば魔王の城ぐらいまでなら危なげなく使えるけど、陽炎ぐらいからはちょっと厳しくなるのかなぁ。ヒュペリオとか行くのはちょっと無謀な感じだったな。

ヴァル×ヴァルは凄く憧れがあったけど、残念ながら当時は入手できず。

ADK×ADKを初めて試したときは余りの強さに驚愕したなぁ。残念ながら当時はCDD以外ほとんどドラゴンを育ててなくて、パーティが組みづらかったのと、やはり回復力が弱いから、ダンジョン攻めててても心細くて仕方なかった。

何よりも攻撃的布陣は「やられる前にやる!」が基本なので、早い段階で攻撃ドロップを用意する必要がある。つまりはスキルレベルの高い変換系のモンスターを詰め込んで初めて成り立つわけで。これは初期段階のユーザーにとってはやはりハードルが高いのだな。

 

そんなわけで、始めてから半年ぐらいまではずっと耐久パで頑張ってたのだった。

 

ずっと辿っていくと長くなるので、とりあえずはここまで。